トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

GNU screen 4.0.3のインストール

インストール

# yum -y install screen

設定フィルの作成

$ vi ~/.screenrc
escape ^Tt <= screenのエスケープキャラクタを「Ctrl + t」とする。
vbell off <= ビジュアルベル(Beep音の代わりにメッセージを表示する機能)をOFF。
hardstatus alwayslastline " %`%-w%{=b bw}%n %t%{-}%+w" <= 画面下段に画面番号を表示する。
autodetach on <= 自動デタッチ機能をOn。
defutf8 on <= 文字コードをUTF-8に設定。
bind ^k kill <= エスケープキャラクタ+「k」でウインドウを閉じるようにバインド。

GNU screenの起動

$ screen

新規画面の作成[Ctrl]+[t]->[c]
画面の遷移[Ctrl]+[t]->[t]または[Ctrl]+[t]->[画面番号]
次画面への遷移[Ctrl]+[t]->[n]
前画面への遷移[Ctrl]+[t]->[p] 
画面を閉じる[Ctrl]+[k]

Last-modified: 2009-09-02 (水) 00:42:16 (2764d)