トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

mt-daapd 0.2.4.2のインストール

FireflyはiTunes10以降に対応していないようです。。。
が、 mt-daapd(Firefly) を iTunes 10 対応にしたという方もいるようなので、こちらも参考にされてはどうでしょう?

Firefly(旧称mt-daapd)によるiTunesメディアサーバーの構築手順。

まず、関連パッケージをインストールします。

gdbmのインストール

# yum install -y gdbm

gdbm-develのインストール

yum install -y gdbm-devel

zlibのインストール

# yum install -y zlib

zlib-develのインストール

# yum install -y zlib-devel

howlのインストール(RPMはRPM Searchで取得)

# cd /usr/local/src/
# wget ftp://ftp.pbone.net/mirror/ftp.sourceforge.net/pub/sourceforge/h/project/ho/howl/howl/0.9.4/howl-0.9.4-1.i386.rpm
# rpm -ivh howl-0.9.4-1.i386.rpm

howl-develのインストール(RPMはRPM Searchで取得)

# cd /usr/local/src/
# wget ftp://ftp.pbone.net/mirror/ftp.sourceforge.net/pub/sourceforge/h/project/ho/howl/howl/0.9.4/howl-devel-0.9.4-1.i386.rpm
# rpm -ivh howl-devel-0.9.4-1.i386.rpm

libid3tagのインストール(ソースはUnderbit: MAD (MPEG Audio Decoder)で取得)
libid3tag、libid3tag-develのRPMをRPM Searchで取得しインストールしてみたが、mt-daapd自体のインストール時にどうしてもうまくいかなかったので、今回はソースからインストールした。

# cd /usr/local/src/
# wget http://sourceforge.net/projects/mad/files/libid3tag/0.15.1b/libid3tag-0.15.1b.tar.gz/download
# tar zxvf libid3tag-0.15.1b.tar.gz
# cd libid3tag-0.15.1b
# ./configure
# make
# make install

Firefly(旧称mt-daapd)のインストール
本家のサイトからソースを取得し、 インストールを試みてみたが、ID3タグの文字コードの問題でiTunes上でタイトルやアルバム名等が文字化けを起こしたため、 日本語パッチを提供されている方のサイトから取得しインストールを行った。

# cd /usr/local/src/
# wget http://6502.selfip.com/wp-content/uploads/2008/06/mt-daapd-0242patchedtar.gz
# tar zxvf mt-daapd-0242patchedtar.gz
# cd mt-daapd-0.2.4.2
# ./configure
# make
# make install

設定ファイルのコピー

# cp contrib/mt-daapd.conf /etc
# cp contrib/mt-daapd.playlist /etc

設定ファイルの修正

# vi /etc/mt-daapd.conf

web_root        /usr/share/mt-daapd/admin-root
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
web_root        /usr/local/share/mt-daapd/admin-root

#logfile /var/log/mt-daapd.log
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
logfile /var/log/mt-daapd.log

mp3配置用ディレクトリの作成

# mkdir /mnt/mp3

起動

# /usr/local/sbin/mt-daapd
/usr/local/sbin/mt-daapd: error while loading shared libraries: libid3tag.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory

上記のように「libid3tag.so.0」が共有ライブラリとして認識されていない場合は、「/etc/ld.so.conf」を修正する。

# vi /etc/ld.so.conf
include ld.so.conf.d/*.conf
/usr/local/lib  <===追記

/usr/local/libを共有ライブラリとして認識させる

# ldconfig

起動(エラーが表示されない事を確認する)

# /usr/local/sbin/mt-daapd

自動起動スクリプトのコピー

# cp /usr/local/src/mt-daapd-0.2.4.2/contrib/mt-daapd /etc/init.d/

自動起動スクリプトの修正

# vi /etc/init.d/mt-daapd

[ -e /etc/daapd.conf ]
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
[ -e /etc/mt-daapd.conf ]

daemon mt-daapd
↓↓↓↓↓↓↓↓
daemon /usr/local/sbin/mt-daapd

自動起動の設定

# chkconfig --add mt-daapd

自動起動の確認

# chkconfig --list mt-daapd
mt-daapd        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

Sambaをインストールして「mp3_dir」として設定されている「/mnt/mp3」を共有してもよかったが、既にmp3を配置しているサーバーが別にあるので、そのサーバーを「/mnt/mp3」にマウントする事にした。
samba-clientのインストール

# yum install samba-client

cifs-utilsのインストール

# yum install cifs-utils

マウント設定

以下のようにマウントの設定をfstabに記述してみたものの、どうしてもうまくマウントできず、結局、rc.localに記述する反則をしました。(逃)
# vi /etc/fstab

//192.168.0.XXX/foo/bar/mp3 /mnt/mp3 cifs auto,username=Administrator,password=XXXXXXXX,iocharset=utf8,ro 0 0

smbmountがCentOS5で無くなった事を今回初めて知った。。。なので、mountコマンドで記述。
※注意:以下のマウント処理は「samba-client」、「cifs-utils」がインストールされていないとできません。
# vi /etc/rc.local

mount -t cifs //192.168.0.XXX/foo/bar/mp3 /mnt/mp3 -o user=Administrator,password=XXXXXXXX,codepage=cp932,iocharset=utf8,nounix,noserverino

起動スクリプトによる起動方法

# service mt-daapd start

起動スクリプトによる停止方法

# service mt-daapd stop

iTunes上で連携できていることを確認
&ref(): File not found: "mt-daapd.jpg" at page "mt-daapd/0.2.4.2のインストール";


Last-modified: 2013-04-03 (水) 00:00:51 (1635d)