トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

Xcache 1.3.0のインストール

Xcacheのソースを取得

$ wget http://xcache.lighttpd.net/pub/Releases/1.3.0/xcache-1.3.0.tar.gz

ソースの解凍

$ tar zxvf xcache-1.3.0.tar.gz

ディレクトリ移動

$ cd xcache-1.3.0

コンパイル準備(phpizeコマンドはphp-develパッケージをインストールする必要あり)

$ phpize
$ ./configure --enable-xcache

コンパイル

$ make

インストール

# make install
Installing shared extensions:     /usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/

設定ファイルの配置
※php.iniに直接書き込むか、または、下記のようにphp.d配下に配置し自動で読み込むかは、環境によって異なります。

# cat xcache.ini >> /usr/local/lib/php.ini

または

# cp xcache.ini /etc/php.d/

設定ファイルの確認

# less /usr/local/lib/php.ini

以下のファイルパスがインストール後に表示された内容と一致しているか確認
zend_extension = /usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/xcache.so

Webサーバーの再起動

# service httpd restart

Xcacheが有効になったかどうかはphpinfo();関数を利用して確認するか、CLIで php -v と入力し確認する。

$ php -v
PHP 5.2.11 (cli) (built: Nov 21 2009 00:49:55)
Copyright (c) 1997-2009 The PHP Group
Zend Engine v2.2.0, Copyright (c) 1998-2009 Zend Technologies
    with XCache v1.3.0, Copyright (c) 2005-2009, by mOo ←コレが表示されればインストールOK
   

Last-modified: 2009-11-23 (月) 02:31:08 (3313d)