トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

ViewVC 1.1.2のインストール

リポジトリブラウザであるViewVCのインストール方法を説明します。
ココでは、Subversionとの連携に焦点をあてるため、CVSとの連携の設定については割愛します。

制限事項としてViewVC: Frequently Asked Questions (FAQ)には以下のように記載されているため、リモートホストのリポジトリには対応していない雰囲気を感じます。
なので、ViewVCとSubversionのインストール先のサーバーは同一であることが大前提なようです。
また、ViewVCに関連するサイトを読んでみると、その問題を解決するには、リモートのSubversionのディレクトリをローカルにマウントすることで 解決できるでしょう的な説明が散見されました。

Can I use ViewVC with remote Subversion repositories?

ViewVC prefers to have direct access to the repository (and in fact, must have that for CVS repositories), 
but there does exist experimental support for remote Subversion repositories. 
Enabling this is a fairly simple ? 
just use the URL of the repository where you would use its path in the svn_roots configuration options 
(sorry, you can't use root_parents for remote repositories because Subversion doesn't expose a repository-listing repository access API).

前提としてApacheが既にインストール済みの環境があることとします。

事前にmod_pythonをインストールします。

# yum -y install mod_python

ViewVCをダウンロード

# cd /usr/local/src
# svn export http://viewvc.tigris.org/svn/viewvc/trunk/ viewvc

以下の公式サイトの情報の通り、アカウントは「guest」、パスワードは「空」でチェックアウト可能です。

Subversion Checkout
The source code for ViewVC is maintained in a Subversion repository at Tigris.org. 
You can checkout the trunk of our development tree from http://viewvc.tigris.org/svn/viewvc/trunk/. 
You'll need to provide your Tigris.org username and password when so prompted, 
or, if you don't have a Tigris.org account, use "guest" as the username (with no, or an empty, password).

インストール

# cd viewvc
# ./viewvc-install

This is the ViewVC 1.2-dev installer.

It will allow you to choose the install path for ViewVC.  You will now
be asked some installation questions.  Defaults are given in square brackets.
Just hit [Enter] if a default is okay.

Installation path [/usr/local/viewvc-1.2-dev]: /usr/local/viewvc <= 「インストール先」を入力しエンター押下

DESTDIR path (generally only used by package maintainers) []: <= エンター押下

Installing ViewVC to /usr/local/viewvc:
   created   /usr/local/viewvc/bin/cgi/
   ・
   ・
   省略
   ・
   ・
   installed /usr/local/viewvc/templates-contrib/README


ViewVC file installation complete.

Consult the INSTALL document for detailed information on completing the
installation and configuration of ViewVC on your system.  Here's a brief
overview of the remaining steps:

  1) Edit the /usr/local/viewvc/viewvc.conf file.

  2) Either configure an existing web server to run
     /usr/local/viewvc/bin/cgi/viewvc.cgi. 

     Or, copy /usr/local/viewvc/bin/cgi/viewvc.cgi to an
     already-configured cgi-bin directory. 

     Or, use the standalone server provided by this distribution at
     /usr/local/viewvc/bin/standalone.py.

インストール完了後に表示されるメッセージに従い、ViewVCの設定ファイルを修正します。

# vi /usr/local/viewvc/viewvc.conf

#root_parents =
↓↓↓↓↓↓
root_parents = /home/svn/repos : svn <= Subversionのリポジトリのディレクトリを設定します

#docroot =
↓↓↓↓↓↓
docroot = /viewvc-static <= ViewVCの静的ファイルのエイリアス名を設定します

所有者をApacheの実行ユーザーに変更

Apacheの実行ユーザー、実行グループを確認
# cat /etc/httpd/conf/httpd.conf|grep -E '^User |^Group '
User apache
Group apache
所有者を変更
# chown -R apache.apache /usr/local/viewvc

不要になったViewVCのファイル群を削除

# rm -fr /usr/local/src/viewvc

Apacheの設定ファイルを作成

# vi /etc/httpd/conf.d/viewvc.conf

ScriptAlias /viewvc "/usr/local/viewvc/bin/cgi/viewvc.cgi"
ScriptAlias /query "/usr/local/viewvc/bin/cgi/query.cgi"
Alias /viewvc-static "/usr/local/viewvc/templates/docroot" <= エイリアス名は「docroot」で設定した内容と一致する必要があります
<Location /viewvc>
        Order deny,allow
        Deny from all
        Allow from 127.0.0.1
        Allow from 192.168.XXX.
</Location>

Apacheの再起動

# service httpd restart

「http://インストールしたサーバーのURL/viewvc/」にアクセスすると、ViewVCの画面が表示されます。


Last-modified: 2009-10-02 (金) 00:19:49 (3393d)