トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

秘密鍵をWinSCP(PuTTY)で利用できるように変換する

前提

WinSCPのインストール先は「C:\Program Files\WinSCP3」とする。
事前にSSH接続先のサーバーより秘密鍵(identity/id_rsa/id_dsa)をダウンロードしておく。

PuTTYgenを起動する。

「スタート」ボタン
=>「ファイル名を指定して実行」
=>「C:\Program Files\WinSCP3\PuTTY\puttygen.exe」を入力しエンター

秘密鍵をロードする。

メニューより「File」を選択。
=>「Load private key」を選択。
=>サーバーよりダウンロードしておいた秘密鍵を選択。

パスフレーズを入力する。

サブウィンドウ(PuTTYgen: Enter Passphrase)が開き、「Enter Passphrase for key」と表示されるので、秘密鍵のパスフレーズを入力。
=>認証が通ると、「Successfully imported foreign key〜」と表示されるので、「OK」をクリック。

秘密鍵を保存する。

メニューより「File」を選択。
=>「Save private key」を選択。

PuTTYgenを終了する。

メニューより「File」を選択。
=>「Exit」を選択。

Last-modified: 2009-08-23 (日) 23:01:51 (3404d)