トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

PostgreSQL 9.0.3のインストール

PostgreSQL RPM Repository (with Yum)にアクセスし、メニューから、「RPM Chart (Status)」をクリックする。

インストールしたいPostgreSQLのバージョンとOSの組み合わせのリンクをクリックする。
今回は、
PostgreSQL 9.0系
CentOS5(x86)
の組み合わせでインストールする事とする。

インストールしたいパッケージのリンクをクリックし、対象パッケージをダウンロードする。
今回は、以下のパッケージをダウンロードする事とした。
postgresql90-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386.rpm
postgresql90-server-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386.rpm
postgresql90-devel-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386.rpm
postgresql90-libs-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386.rpm
postgresql90-docs-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386.rpm

# wget http://www.pgrpms.org/9.0/redhat/rhel-5-i386/postgresql90-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386.rpm
# wget http://www.pgrpms.org/9.0/redhat/rhel-5-i386/postgresql90-server-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386.rpm
# wget http://www.pgrpms.org/9.0/redhat/rhel-5-i386/postgresql90-devel-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386.rpm
# wget http://www.pgrpms.org/9.0/redhat/rhel-5-i386/postgresql90-libs-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386.rpm
# wget http://www.pgrpms.org/9.0/redhat/rhel-5-i386/postgresql90-docs-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386.rpm

インストール(RPMをダウンロードしたディレクトリにて)

# rpm -ivh postgresql90-*
警告: postgresql90-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 442df0f8
エラー: 依存性の欠如:
        libxslt.so.1 は postgresql90-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386 に必要とされています
        libxslt.so.1 は postgresql90-devel-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386 に必要とされています
        libxslt.so.1 は postgresql90-server-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386 に必要とされています

と怒られてしまいましたので、libxsltをインストールします

# yum -y install libxslt

で、再実行

# rpm -ivh postgresql90-*
警告: postgresql90-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 442df0f8
準備中...                ########################################### [100%]
   1:postgresql90-libs      ########################################### [ 20%]
   2:postgresql90           ########################################### [ 40%]
   3:postgresql90-devel     ########################################### [ 60%]
   4:postgresql90-docs      ########################################### [ 80%]
   5:postgresql90-server    ########################################### [100%]

PostgreSQLの自動起動設定

# chkconfig postgresql-9.0 on
# chkconfig --list postgresql-9.0
postgresql-9.0  0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

DB初期化
※以前のバージョンのRPMでは「/usr/bin」配下にバイナリコマンドがインストールされていたが、
「postgresql90-server-9.0.3-1PGDG.rhel5.i386.rpm」に収録されているバイナリコマンドは、
「/usr/bin」配下にインストールされないようなので、「initdb」コマンドをフルパスで実行。

# su - postgres
$ /usr/pgsql-9.0/bin/initdb --no-locale -E UTF8

もし、↓のようなエラーが発生した場合は。。。
initdb: データディレクトリが指定されていません
データベースシステム用のデータを格納するディレクトリを指定しなければなり
ません。-Dオプションを付けて呼び出す、あるいは、PGDATA環境変数を使用する
ことで指定することができます。

-Dオプションをつけて実行する
$ /usr/pgsql-9.0/bin/initdb --no-locale -E UTF8 -D /var/lib/pgsql/9.0/data

$ exit

PostgreSQLサービス起動

# service postgresql-9.0 start
postgresql-9.0 サービスを開始中:                           [  OK  ]

PostgreSQLサービス確認

# netstat -at|grep postgres
  • 関連書籍
    #amazon(477412687X,center,)#amazon(4844321080,center,)#amazon(4798123358,center,)#amazon(4873111021,center,)#amazon(4774122688,center,)

Last-modified: 2011-02-20 (日) 02:38:44 (2859d)