トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

PostgreSQL 7.3.3のインストール

PostgreSQL用ユーザの作成

# useradd postgres ← ユーザー追加
# passwd postgres ← パスワード設定

PostgreSQL用ディレクトリの作成

# cd /usr/local
# mkdir pgsql
# chown -R postgres.postgres pgsql

http://www.jp.postgresql.org/ よりpostgresql-7.3.3.tar.gzをダウンロードする。
※2007年3月現在、http://www.jp.postgresql.org/はデッドリンクとなっています。
なので、こちらで⇒http://www.postgresql.jp/

ダウンロードファイルを適当なディレクトリに配置。

$ tar zxfv postgresql-7.3.3.tar.gz
$ su
# chown -R postgres.postgres postgresql-7.3.3
# su - postgres
$ cd /展開先ディレクトリ/postgresql-7.3.3
$ ./configure --enable-multibyte=EUC_JP ← 日本語EUC対応
$ make
$ make install

上記手順により/usr/local/pgsql配下にPostgreSQLがインストールされます。

postgresユーザーの環境変数の設定
.bash_profileまたは.bashrcに下記の行を追加。

export POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
export PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
export PGDATA=$POSTGRES_HOME/data
export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:$PGLIB
export PATH=$PATH:$POSTGRES_HOME/bin
export MANPATH=$MANPATH:$POSTGRES_HOME/man

設定の反映

$ source /home/postgres/.bash_profile ← .bash_profileに追記した場合
$ source /home/postgres/.bashrc ← .bashrcに追記した場合

DBの初期化

$ initdb

PostgreSQLの設定ファイル(/usr/local/pgsql/data/pg_hba.conf)の修正
※PostgreSQLはデフォルトでは、他のホストからの接続を拒否するように、
  設定されていますので、他のホストの接続を許可するように再設定を行います。
※この設定は「postgres」ユーザにて行います。

---Start----------------------------------------------------
# TYPE   DATABASE   USER     IP-ADDRESS      IP-MASK          METHOD
↓LAN内は許可
  host   all        all      192.168.0.0     255.255.255.0    trust
↓デフォルトゲートウェイのIPは拒否
  host   all        all      192.168.0.254   255.255.255.255  reject
---End------------------------------------------------------

PostgreSQLの設定ファイル(/usr/local/pgsql/data/postgresql.conf)の修正

---Start----------------------------------------------------
tcpip_socket = false
    ↓
tcpip_socket = true
---End------------------------------------------------------

起動

$ su - postgres
$ pg_ctl -w start

起動済み確認

$ netstat -at
↓この表示がされれば起動済み。
tcp    0   0 *:postgres       *:*          LISTEN

停止

$ su - postgres
$ pg_ctl stop

データベースの作成
※suコマンドにてPostgreSQLインストールユーザに変更していることが前提。

$ createdb データベース名

テーブルの作成
※suコマンドにてPostgreSQLインストールユーザに変更していることが前提。

$ psql データベース名

上記のpsqlコマンドでデータベースへ接続し、コマンドラインにてCREATE文(SQL)を入力することでテーブルを作成することが可能。

CREATE文を記述したSQLファイルを読み込んでテーブルを作成する場合

$ psql データベース名 < create.sql

PostgreSQLの自動起動設定

# cp /展開先ディレクトリ/postgresql-7.3.3/contrib/start-scripts/linux /etc/rc.d/init.d/postgresql
# chown root.root /etc/rc.d/init.d/postgresql
# chmod 755 /etc/rc.d/init.d/postgresql
# chkconfig --add postgresql

起動

# /etc/rc.d/init.d/postgresql start

再起動

# /etc/rc.d/init.d/postgresql restart

終了

# /etc/rc.d/init.d/postgresql stop
  • 関連書籍
    #amazon(477412687X,center,)#amazon(4844321080,center,)#amazon(4798123358,center,)#amazon(4873111021,center,)#amazon(4774122688,center,)

Last-modified: 2009-04-11 (土) 12:21:20 (3785d)