トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

PHP-Nuke 8.0のインストール

前提としてApache、MySQL、PHP(MySQLに対応している事)が既にインストール済みの環境があることとします。

事前にPHP-Nuke用のMySQLのデータベースを作成する

# mysql -u root -p
Enter password:
mysql> create database phpnuke;
mysql> flush privileges;

続いて、PHP-Nuke用ユーザーを作成する。

mysql> grant all on phpnuke.* to phpnuke@localhost identified by 'PHP-Nuke用ユーザーのパスワードを入力';
mysql> flush privileges;

PHP-Nukeをダウンロード
PHP-NUKE8.1は以下の通り、$12支払う必要がありそうなんで、8.0をダウンロードする。

This version is not available to the public for free. 
You can get access to it and download after placing your order at BMT Micro Inc., the company in charge to manage this service. 
You can get PHP-Nuke 8.1 for only US$12 and receive a download location few minutes after complete the order process. 
You must wait for an email sent by BMT Micro Inc. with your login, password and download location. 
Any problem you have please read the red note bellow.
# cd /usr/local/src/
# wget "http://phpnuke.org/modules.php?name=Downloads&d_op=getit&lid=658"

ファイル群を展開

# cd /usr/local/
# mkdir phpnuke
# cd phpnuke
# unzip ../src/PHP-Nuke-8.0.zip

所有者をApacheの実行ユーザーに変更

Apacheの実行ユーザー、実行グループを確認
# cat /usr/local/apache2/conf/httpd.conf|grep -E '^User |^Group '
User daemon
Group daemon
所有者を変更
# chown -R daemon.daemon /usr/local/phpnuke

不要になったPHP-Nukeのソースファイルを削除

# rm -f /usr/local/src/PHP-Nuke-8.0.zip

Apacheの設定ファイルを作成(Apacheをソースからインストールした場合の例)

# vi /usr/local/apache2/conf/extra/phpnuke.conf

Alias /phpnuke "/usr/local/phpnuke/html"

<Directory "/usr/local/phpnuke/html">
    AddType application/x-httpd-php .php
    Options -Indexes
    DirectoryIndex index.php index.html
    AllowOverride All
</Directory>

# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

最下行に以下を追加
Include conf/extra/phpnuke.conf

Apacheの再起動

# service httpd restart

初期データの投入

# mysql -u phpnuke -p phpnuke < /usr/local/phpnuke/sql/nuke.sql
Enter password: PHP-Nuke用ユーザーのパスワードを入力

設定ファイルの修正

# vi /usr/local/phpnuke/html/config.php

$dbhost = "localhost";
$dbuname = "root";
$dbpass = "";
$dbname = "";

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

$dbhost = "localhost";
$dbuname = "phpnuke";
$dbpass = "PHP-Nuke用ユーザーのパスワードを入力";
$dbname = "phpnuke";

「http://インストールしたサーバーのURL/phpnuke/admin.php」にアクセスすると、管理者アカウント作成画面が表示されるので、以下の通り入力し、「Submit」ボタンをクリック。

Nickname:
  phpnuke
HomePage:
  http://インストールしたサーバーのURL/phpnuke/
Email:
  xxx@xxx.xxx
Password:
  phpnuke
Do you want to create a normal user with the same data?
  「Yes」を選択

Administration System Login画面(http://インストールしたサーバーのURL/phpnuke/admin.php)へアクセスし、ログイン確認を行う。

Admin ID:アカウント作成時に登録したNicknameを入力
Password:アカウント作成時に登録したPasswordを入力

Last-modified: 2009-10-13 (火) 23:24:32 (3353d)