トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

PHP-Nuke 7.4-Jのインストール

前提としてApache、MySQL、PHP(MySQLに対応している事)が既にインストール済みの環境があることとします。

事前にPHP-Nuke用のMySQLのデータベースを作成する

# mysql -u root -p
Enter password:
mysql> create database phpnuke;
mysql> flush privileges;

続いて、PHP-Nuke用ユーザーを作成する。

mysql> grant all on phpnuke.* to phpnuke@localhost identified by 'PHP-Nuke用ユーザーのパスワードを入力';
mysql> flush privileges;

PHP-Nukeをダウンロード

# cd /usr/local/src/
# wget "http://cvs.sourceforge.jp/cgi-bin/viewcvs.cgi/nukejp/PHP-Nuke-7.4-J.tar.gz?view=tar" -O PHP-Nuke-7.4-J.tar.gz

ファイル群を展開

# cd /usr/local/
# tar zxvf src/PHP-Nuke-7.4-J.tar.gz
# mv PHP-Nuke-7.4-J phpnuke

所有者をApacheの実行ユーザーに変更

Apacheの実行ユーザー、実行グループを確認
# cat /usr/local/apache2/conf/httpd.conf|grep -E '^User |^Group '
User daemon
Group daemon
所有者を変更
# chown -R daemon.daemon /usr/local/phpnuke

不要になったPHP-Nukeのソースファイルを削除

# rm -fr /usr/local/src/PHP-Nuke-7.4-J.tar.gz

Apacheの設定ファイルを作成(Apacheをソースからインストールした場合の例)

# vi /usr/local/apache2/conf/extra/phpnuke.conf

Alias /phpnuke "/usr/local/phpnuke/html"

<Directory "/usr/local/phpnuke/html">
    AddType application/x-httpd-php .php
    Options -Indexes
    DirectoryIndex index.php index.html
    AllowOverride All
</Directory>

# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

最下行に以下を追加
Include conf/extra/phpnuke.conf

Apacheの再起動

# service httpd restart

初期データの投入

# mysql -u phpnuke -p phpnuke < /usr/local/phpnuke/sql/nuke.sql
Enter password: PHP-Nuke用ユーザーのパスワードを入力

上記を実行すると、以下のようなエラーが発生。

ERROR 1067 (42000) at line 2226: Invalid default value for 'user_dateformat'

上記のエラーを受け、「nuke.sql」の「2271行目あたり」を以下のように修正。

# vi /usr/local/phpnuke/sql/nuke.sql

user_dateformat varchar(14) NOT NULL default 'YC ̄MdAu!ED!EH:i',
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
user_dateformat varchar(15) NOT NULL default 'YC ̄MdAu!ED!EH:i',

初期データの投入を再実行

# mysql -u phpnuke -p phpnuke < /usr/local/phpnuke/sql/nuke.sql
Enter password: PHP-Nuke用ユーザーのパスワードを入力

設定ファイルの修正

# vi /usr/local/phpnuke/html/config.php

$dbhost = "localhost";
$dbuname = "root";
$dbpass = "";
$dbname = "nuke";

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

$dbhost = "localhost";
$dbuname = "phpnuke";
$dbpass = "PHP-Nuke用ユーザーのパスワードを入力";
$dbname = "phpnuke";

「http://インストールしたサーバーのURL/phpnuke/admin.php」にアクセスし、「Languages」を「English」から「Japanese」に変更。

「http://インストールしたサーバーのURL/phpnuke/admin.php」にアクセスすると、管理者アカウント作成画面が表示されるので、以下の通り入力し、「送信」ボタンをクリック。

ユーザー名:
  phpnuke
ホームページ:
  http://インストールしたサーバーのURL/phpnuke/
メールアドレス:
  xxx@xxx.xxx
パスワード:
  phpnuke
同じ内容で通常のアカウントも作成しますか?
  「はい」を選択

管理ログイン画面(http://インストールしたサーバーのURL/phpnuke/admin.php)へアクセスし、ログイン確認を行う。

管理 ID:アカウント作成時に登録したユーザー名を入力
パスワード:アカウント作成時に登録したパスワードを入力

Last-modified: 2009-10-14 (水) 00:40:57 (3353d)