トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

phpPgAdmin 4.2.2のインストール

前提としてApache、PostgreSQL、PHPが既にインストール済みの環境があることとします

phpPgAdminをsourceforgeからダウンロード

# cd /usr/local
# wget http://downloads.sourceforge.net/sourceforge/phppgadmin/phpPgAdmin-4.2.2.tar.gz?use_mirror=jaist

ファイル群を展開

# tar zxvf phpPgAdmin-4.2.2.tar.gz
# mv phpPgAdmin-4.2.2 phpPgAdmin

所有者をApacheの実行ユーザーに変更

Apacheの実行ユーザー、実行グループを確認
# cat /usr/local/apache2/conf/httpd.conf|grep -E '^User |^Group '
User daemon
Group daemon
所有者を変更
# chown -R daemon.daemon /usr/local/phpPgAdmin

不要になったphpPgAdminのソースファイルを削除

# rm -f /usr/local/phpPgAdmin-4.2.2.tar.gz

Apacheの設定ファイルを作成(Apacheをソースからインストールした場合の例)

# vi /usr/local/apache2/conf/extra/phppgadmin.conf

Alias /phpPgAdmin "/usr/local/phpPgAdmin"

<Directory "/usr/local/phpPgAdmin">
    AddType application/x-httpd-php .php
    Options -Indexes
    DirectoryIndex index.php index.html
    AllowOverride All
</Directory>

# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

最下行に以下を追加
Include conf/extra/phppgadmin.conf

Apacheの再起動

# service httpd restart

環境に合わせて、「config.inc.php」の内容(主に以下の箇所)を修正します。

# vi /usr/local/phpPgAdmin/conf/config.inc.php

$conf['servers'][0]['host'] = '';
$conf['servers'][0]['port'] = 5432;
$conf['servers'][0]['defaultdb'] = 'template1';
$conf['servers'][0]['pg_dump_path'] = '/usr/bin/pg_dump';
$conf['servers'][0]['pg_dumpall_path'] = '/usr/bin/pg_dumpall';

「http://インストールしたサーバーのURL/phpPgAdmin」にアクセスし、PostgreSQLのユーザーにてログイン確認を行います。


Last-modified: 2009-11-23 (月) 17:32:08 (3312d)