トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

PHP 5.3.1RC1のインストール

あらかじめ、必要なパッケージをインストールしておく
※ココではRedhat系のLinuxを最小構成でインストールした場合に必要となってくるパッケージを追加でインストールしています。
   もちろん、これ以外のパッケージでも、configure時に必要との旨のメッセージが表示される場合は、
   必要に応じて、追加でインストールする必要があります。

# yum -y install libxml2
# yum -y install libxml2-devel
# yum -y install gd
# yum -y install gd-devel
# yum -y install zlib
# yum -y install zlib-devel
# yum -y install libjpeg
# yum -y install libjpeg-devel
# yum -y install libpng
# yum -y install libpng-devel
# yum -y install freetype
# yum -y install freetype-devel

PHPのソースファイルを取得

# cd /usr/local/src/
# wget http://downloads.php.net/johannes/php-5.3.1RC1.tar.gz

展開

# tar zxvf php-5.3.1RC1.tar.gz

コンパイル準備
※APXS(Apacheがソースにて「/usr/local/apache2」配下に導入されている場合)、PEAR、gzip圧縮、zip圧縮、マルチバイト、画像処理、フォント関連ライブラリなどに対応し、PostgreSQL、MySQLのアクセスにPDOを利用する場合の例。
   GDライブラリをコンパイルするには、libpngとlibjpegが必要で、さらに、libpngはzlibが必要なため、、「--with-gd」、「--with-jpeg-dir」、「--with-png-dir」、「--with-zlib」の指定はワンセットとなるようです。

# cd php-5.3.1RC1
# ./configure \
> --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \
> --with-pear \
> --with-pgsql=/usr/local/pgsql \
> --with-pdo-pgsql=/usr/local/pgsql \
> --with-mysql=/usr/local/mysql \
> --with-pdo-mysql=/usr/local/mysql \
> --enable-mbstring \
> --with-zlib \
> --with-gd \
> --with-jpeg-dir \
> --with-png-dir \
> --with-freetype-dir \
> --enable-zip

コンパイル

# make

インストール

# make install

設定ファイルのコピー

# cp php.ini-production /usr/local/lib/php.ini

Apacheの設定ファイルの確認

# cat httpd.conf|grep php
LoadModule php5_module        modules/libphp5.so

Last-modified: 2009-11-23 (月) 14:31:56 (3313d)