トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

PHP 5.2.11のインストール

あらかじめ、必要なパッケージをインストールしておく
※ココではRedhat系のLinuxを最小構成でインストールした場合に必要となってくるパッケージを追加でインストールしています。
   もちろん、これ以外のパッケージでも、configure時に必要との旨のメッセージが表示される場合は、
   必要に応じて、追加でインストールする必要があります。

# yum -y install libxml2
# yum -y install libxml2-devel

PHPのソースファイルを取得

# cd /usr/local/src/
# wget http://jp2.php.net/get/php-5.2.11.tar.gz/from/jp.php.net/mirror

展開

# tar zxvf php-5.2.11.tar.gz

コンパイル準備
※APXS(Apacheがrpmにて導入されている場合)、PEAR、マルチバイトなどに対応する場合の例。

# cd php-5.2.11
# ./configure \
> --with-apxs2=/usr/sbin/apxs \
> --with-pear \
> --enable-mbstring \
> --without-sqlite \
> --without-pdo-sqlite

コンパイル

# make

インストール

# make install

設定ファイルのコピー

# cp php.ini-dist /usr/local/lib/php.ini

Apacheの設定ファイルの確認

# cat httpd.conf|grep php
LoadModule php5_module        modules/libphp5.so

Apacheの設定ファイルの文法チェック

# httpd -t
Syntax OK

※文法チェックの際に、以下のようなエラーが表示され、「SQLite」をPHPから利用しない場合は、「configure」の際に、「--without-sqlite」、「--without-pdo-sqlite」オプションを追加する。

# httpd -t
Syntax error on line 191 of /etc/httpd/conf/httpd.conf:
Cannot load /usr/lib/httpd/modules/libphp5.so into server: /usr/lib/httpd/modules/libphp5.so: undefined symbol: sqlite3SelectDelete

Apacheの再起動

# service httpd restart

Last-modified: 2009-11-23 (月) 14:30:55 (3313d)