トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

Movable Type 4.23のインストール

前提としてApache、MySQL、Perl、DBI、DBD::mysqlが既にインストール済みの環境があることとします。

事前にMovable Type用のMySQLのデータベースを作成する

# su - mysql
$ mysql -u root mysql -p

mysql> create database mt4;
mysql> flush privileges;

続いて、Movable Type用ユーザーを作成する。

mysql> grant all on mt4.* to mt4@localhost identified by 'mt4';
mysql> flush privileges;

Six Apart」のサイトにアクセスし、「製品から探す」をクリックする。(2008/12/23時点のサイト構成です)


&ref(): File not found: "mt3_install_001.jpg" at page "Movable Type/4.23のインストール";

「MOVABLE TYPE4」をクリックする。(2008/12/23時点のサイト構成です)


&ref(): File not found: "mt3_install_002.jpg" at page "Movable Type/4.23のインストール";

「購入方法」をクリックする。(2008/12/23時点のサイト構成です)


&ref(): File not found: "mt3_install_003.jpg" at page "Movable Type/4.23のインストール";

「その他のライセンス」の「個人ライセンス」をクリックする。(2008/12/23時点のサイト構成です)


&ref(): File not found: "mt3_install_004.jpg" at page "Movable Type/4.23のインストール";

「個人ライセンスは無償です。以下からダウンロードできます。」の文言配下のリンクをクリックする。(2008/12/23時点のサイト構成です)


&ref(): File not found: "mt3_install_005.jpg" at page "Movable Type/4.23のインストール";

「利用許諾契約書」を読む。(2008/12/23時点のサイト構成です)


&ref(): File not found: "mt3_install_006.jpg" at page "Movable Type/4.23のインストール";

「利用許諾に同意し無償ダウンロード画面へ進む」のリンクをクリックする。(2008/12/23時点のサイト構成です)


&ref(): File not found: "mt3_install_007.jpg" at page "Movable Type/4.23のインストール";

「Movable Type 4.23」のリンクをクリックしダウンロードを行う。(2008/12/23時点のサイト構成です)


&ref(): File not found: "mt4_install_008.jpg" at page "Movable Type/4.23のインストール";

「MT-4_23-ja.zip」を展開します。

&ref(): File not found: "mt4_install_009.jpg" at page "Movable Type/4.23のインストール";

Apacheの設定ファイルを作成

# vi /etc/httpd/conf.d/mt4.conf
Alias /mt4-blog /var/www/mt4-blog
ScriptAlias /mt4-cgi /var/www/mt4-cgi
Alias /mt4-static /var/www/mt4-static
<Directory "/var/www/mt4-cgi">
    Options ExecCGI
    AllowOverride none
</Directory>

Apacheの再起動

# service httpd restart

Movable Type4.23用のディレクトリを作成

# mkdir /var/www/mt4-blog
# mkdir /var/www/mt4-cgi
# mkdir /var/www/mt4-static

作成したMovable Type4.23用のディレクトリに事前に展開しておいたファイル群をFTP/SCP等を利用しアップロードします。

「mt-static」以外のファイルを、すべて「/var/www/mt4-cgi」にアップロードします。
「mt-static」配下のファイルを、すべて「/var/www/mt4-static」にアップロードします。

設定ファイルの作成

# cd /var/www/mt4-cgi
# cp mt-config.cgi-original mt-config.cgi

設定ファイルを編集

# vi mt-config.cgi

ファイル内の以下の箇所を、環境に合わせて変更します。

CGIPath    http://www.example.com/cgi-bin/mt/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
CGIPath    http://インストールしたサーバーのURL/mt4-cgi/

StaticWebPath    http://www.example.com/mt-static
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
StaticWebPath    http://インストールしたサーバーのURL/mt4-static
StaticFilePath /var/www/mt4-static

##### MYSQL #####
ObjectDriver DBI::mysql
Database DATABASE_NAME
DBUser DATABASE_USERNAME
DBPassword DATABASE_PASSWORD
DBHost localhost
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
##### MYSQL #####
ObjectDriver DBI::mysql
Database mt4
DBUser mt4
DBPassword mt4
DBHost localhost

※MySQL以外のDB関連の設定項目は不要なので、すべて「#」にてコメント化しておく。
##### POSTGRESQL #####
#ObjectDriver DBI::postgres
#Database DATABASE_NAME
#DBUser DATABASE_USERNAME
#DBPassword DATABASE_PASSWORD
#DBHost localhost

##### SQLITE #####
#ObjectDriver DBI::sqlite
#Database /path/to/sqlite/database/file

所有ユーザー/所有ユーザーをApacheの実行ユーザーに変更。

# chown -R apache:apache /var/www/mt4-blog
# chown -R apache:apache /var/www/mt4-cgi
# chown -R apache:apache /var/www/mt4-static

CGIファイルの所有権を変更。

# chmod 755 /var/www/mt4-cgi/*.cgi
# chmod 777 /var/www/mt4-static
# chmod 777 /var/www/mt4-static/support

以下のコマンドでPerlのパスの確認を行い、「/usr/bin/perl」でない場合は、すべてのCGIファイルの先頭行のパスを書き直すか、シンボリックリンクを張るといった対応を行う。

# which perl
/usr/bin/perl

「http://インストールしたサーバーのURL/mt4-cgi/mt-check.cgi」にアクセスし、必要なモジュールがサーバーにインストールされているかチェックする。(以下の文言を確認する)

システムのチェックを完了しました。
 Movable Typeを利用できます。 お使いのサーバーには、Movable Type の動作に必要なすべてのモジュールがインストールされています。
 モジュールを追加インストール作業は必要はありません。マニュアルに従い、インストールを続けてください。

「http://インストールしたサーバーのURL/mt4-cgi/mt.cgi」にアクセスすると、「http://インストールしたサーバーのURL/mt4-cgi/mt-upgrade.cgi?__mode=install」にリダイレクトされ、アカウント作成画面となるので、以下のように入力し、「次へ」をクリックする。(以下、入力例)

ユーザー名:mt4
表示する名前:mt4
電子メール:mt4@test.com
使用言語:日本語
パスワード:mt4
パスワード再入力:mt4
パスワード再設定用のフレーズ:mt4

「最初のブログを作成」画面に遷移し、初期設定の入力を求められるので、以下のように入力し、「インストール」ボタンをクリックすることで、Movable Type4.23のインストールが完了します。

ブログ名:MT4 Test Blog
ブログURL:http://インストールしたサーバーのURL/mt4-blog/
公開パス:/var/www/mt4-blog
テンプレートセット:既定のブログ
タイムゾーン:UTC+9(日本標準時)

「インストールを完了しました!」のメッセージが確認できたら、「Movable Typeにサインイン」をクリックする。

ログイン画面が表示されるので、アカウント作成画面にて入力した内容を入力しログインする。


Last-modified: 2009-10-06 (火) 22:33:49 (3360d)