トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

Mambo 4.6.2のインストール

前提としてApache、MySQL、zlib、PHP(MySQL、zlibに対応している事)が既にインストール済みの環境があることとします。

事前にMambo用のMySQLのデータベースを作成する

# mysql -u root -p
Enter password:
mysql> create database mambo;
mysql> flush privileges;

続いて、Mambo用ユーザーを作成する。

mysql> grant all on mambo.* to mambo@localhost identified by 'Mambo用ユーザーのパスワードを入力';
mysql> flush privileges;

Mamboをダウンロード

# cd /usr/local/
# mkdir mambo
# cd mambo
# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/mambo/MamboV4.6.2.tar.gz

ファイル群を展開

# tar zxvf MamboV4.6.2.tar.gz

所有者をApacheの実行ユーザーに変更

Apacheの実行ユーザー、実行グループを確認
# cat /usr/local/apache2/conf/httpd.conf|grep -E '^User |^Group '
User daemon
Group daemon
所有者を変更
# chown -R daemon.daemon /usr/local/mambo

不要になったMamboのソースファイルを削除

# rm -f /usr/local/mambo/MamboV4.6.2.tar.gz

Apacheの設定ファイルを作成(Apacheをソースからインストールした場合の例)

# vi /usr/local/apache2/conf/extra/mambo.conf

Alias /mambo "/usr/local/mambo"

<Directory "/usr/local/mambo">
    AddType application/x-httpd-php .php
    Options -Indexes
    DirectoryIndex index.php index.html
    AllowOverride All
    php_value session.save_path "/tmp"
</Directory>

# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

最下行に以下を追加
Include conf/extra/mambo.conf

Apacheの再起動

# service httpd restart

「http://インストールしたサーバーのURL/mambo/」にアクセスすると、「http://インストールしたサーバーのURL/mambo/installation/index.php」にリダイレクトされ、インストール画面が表示されます。

「pre-installation check」画面にて、赤字でのエラー表示がない事を確認し、「Next >>」をクリック。

「license」画面にて、内容を確認後、「I understand that this software is released under the GNU/GPL License」にチェックし、「Next >>」をクリック。

「step 1」画面にて、以下の通り入力し、「Next >>」をクリック。

MySQL database configuration
  Host Name
    「localhost」
  MySQL User Name
    「mambo」(事前に作成しておいたMambo用ユーザー名)
  MySQL Password
    「******」(事前に作成しておいたMambo用ユーザーのパスワード)
  Verify MySQL Password
    「******」(パスワードの確認入力)
  MySQL Database Name
    「mambo」(事前に作成しておいたMambo用データベース名)
  MySQL Table Prefix
    「mos_」(テーブルのプリフィックス(デフォルト値))
  Backup Old Tables
    「チェックなし」
  Install Sample Data
    「チェックあり」

「Step 2」画面にて、以下の通り入力し、「Next >>」をクリック。

 Enter the name of your Mambo site
   Site name
     「Mambo Test」

「step 3」画面にて、以下の通り入力し、「Next >>」をクリック。

 Confirm the site URL, path, admin e-mail and file/directory chmods
   URL
     「http://インストールしたサーバーのURL/mambo」
   Path
     「/usr/local/mambo」
   Your E-mail
     「xxx@xxx.xxx」
   Admin password
     「********」管理者用パスワードを入力
   File Permissions
     「Dont CHMOD files (use server defaults)」を選択
   Directory Permissions
     「Dont CHMOD directories (use server defaults)」を選択

以下のような完了画面が表示されれば、インストール完了です。

Congratulations! Mambo is installed
  PLEASE REMEMBER TO COMPLETELY
  REMOVE THE INSTALLATION DIRECTORY
  
  Administration Login Details
  
  Username : admin
  Password : ********

「installation」ディレクトリを削除します。

# rm -fr /usr/local/mambo/installation

Mambo管理画面(http://インストールしたサーバーのURL/mambo/administrator/)へアクセスし、ログイン確認を行う。

Username:インストール時の完了画面にて表示された管理者ユーザ名を入力
Password:インストール時の完了画面にて表示された管理者パスワードを入力

Mamboサイト画面(http://インストールしたサーバーのURL/mambo/)へアクセスし表示確認を行う。


Last-modified: 2009-04-26 (日) 19:51:49 (3523d)