トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

Google Goのインストール

Google発のコンパイラ言語であるGoをインストールしてみました。

Installing Go」のページに、以下のように必要なパッケージをインストールするように指示があります。

$ sudo easy_install mercurial
$ sudo apt-get install bison gcc libc6-dev ed make

上記は、DebianもしくはUbuntuの場合のため、CentOSでは以下の手順で行います。

# yum -y install bison
# yum -y install gcc
# yum -y install glibc-devel
# yum -y install ed
# yum -y install make

Mercurial」をインストール。

ココから一般ユーザーで作業を行います。
環境変数の設定

$ cd ~/
$ vi .bash_profile

export GOROOT=$HOME/go  <=== オススメは「$HOME/go」らしい。でも、ドコでもよいとのコト。
export GOARCH=386       <=== 「386」、「amd64(多分AMD64/Intel64のどちらもOKのはず)」、「arm(対応はまだ未完了らしい)」が選択可能。
export GOOS=linux       <=== 「linux」、「darwin(MacOS X 10.5/10.6)」、「nacl(Native Client)」が選択可能。
export GOBIN=$HOME/bin  <=== 設定するパスにはコマンドサーチパスを通せとのコト。

ディレクトリの作成

$ source .bash_profile
$ mkdir $GOROOT
$ mkdir $GOBIN

Goのチェックアウト

$ hg clone -r release https://go.googlecode.com/hg/ $GOROOT

インストール

$ cd $GOROOT/src
$ ./all.bash

ココまででGoogle Goのインストールは完了ですので、後は、「Writing programs」や、「Tutorial」に従って、プログラムを組んでみましょう。

まぁ、ベタですが、いつもの「Hello, World」で。

$ vi hello.go

package main

import "fmt"

func main() {
        fmt.Printf("Hello World!!\n");
        fmt.Printf("こんにちは、世界!!\n");
}

コンパイル&リンクを実行。
Installing Go」のページに、64bitの場合は「6g,6l,6c,6a」、32bitの場合は「8g,8l,8c,8a」、ARMの場合は「5g,5l,5c,5a」を使えとのコトなので、32bit環境は以下の通りです。

$ 8g hello.go
$ 8l hello.8

プログラムを実行。

$ ./8.out
Hello World!!
こんにちは、世界!!

Last-modified: 2009-12-14 (月) 11:38:55 (3292d)