トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

ClamAV 0.88.6のインストール

ClamAV用グループ追加

# groupadd clamav

ClamAV用ユーザー追加

# useradd -g clamav -s /bin/false -c "Clam AntiVirus" clamav

http://www.clamav.net/よりclamav-0.88.1.tar.gzをダウンロードする。

# cd /usr/local/src
# wget http://keihanna.dl.sourceforge.net/sourceforge/clamav/clamav-0.88.1.tar.gz

↓新しいのが出てたので、新しい方のclamav-0.88.6.tar.gzをダウンロードする。

# cd /usr/local/src
# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/clamav/clamav-0.88.6.tar.gz

展開して、コンフィグ。

# tar zxvf clamav-0.88.6.tar.gz
# cd clamav-0.88.6
# ./configure
configure: error: Please install zlib and zlib-devel packages

エラー発生。zlibとzlib-develを入れてくれとの事。
zlibはインストールされてたので、zlib-develをインストール。

# yum -y install zlib-devel

気を取り直して、コンフィグ。

# ./configure

※White Box4の場合、コンフィグの際に下記エラー発生。

configure: error: The installed zlib version may contain a security bug. 
Please upgrade to 1.2.2 or later: http://www.zlib.net. You can omit this 
check with --disable-zlib-vcheck but DO NOT REPORT any stability issues then!

上記エラーの対応方法−1(zlibをバージョンアップする)
http://www.zlib.netよりzlib-1.2.3.tar.gzをダウンロードし、インストール。

# tar zxfv zlib-1.2.3.tar.gz
# cd zlib-1.2.3
# ./configure
# make 
# make install

上記エラーの対応方法−2(ClamAVのコンフィグ時、zlibのバージョンチェックを行わない)

# ./configure --disable-zlib-vcheck

コンパイル。

# make

インストール。

# make install

設定ファイル修正。

# vi /usr/local/etc/freshclam.conf
Example
↓
#Example

#DatabaseMirror database.clamav.net
↓
DatabaseMirror db.jp.clamav.net

設定ファイル修正。

# vi /usr/local/etc/clamd.conf
Example
↓
#Example

定義ファイル更新。

# freshclam

定義ファイルの更新をデーモンとして実行するように設定。

# touch /var/log/clam-update.log
# chmod 644 /var/log/clam-update.log
# vi /etc/rc.local
↓下記を追加
# For Clam AntiVirus Setting
/usr/local/bin/freshclam -d -c 24 --quiet -l /var/log/clam-update.log

freshclamコマンドのオプションの説明。

-d:デーモンとして実行
-c 24:1日に24回更新のチェックを行う
--quiet:エラー情報のみ出力
-l ファイル名:結果をファイルへ記録

スキャン実行を定期処理として登録。

# touch /var/log/clam-scan.log
# chmod 644 /var/log/clam-scan.log
# crontab -e
00 03 * * * /usr/local/bin/clamscan --remove --recursive -l /var/log/clam-scan.log /

clamscanコマンドのオプションの説明。

--remove:ウイルスに感染したファイルを削除する
--recursive:サブディレクトリごと再帰的に検査。圧縮ファイルは再帰的に解凍して検査。
-l ファイル名:結果をファイルへ記録
  • 関連ページ
    • ClamAV 0.84のインストール?

Last-modified: 2007-07-16 (月) 13:46:03 (4174d)