トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


Microsoft Office Specialist

Microsoft Office Specialistとは?

Microsoft Office Specialist(旧名称MOUS:Microsoft Office User Specialist)は、マイクロソフト社が提供するOffice製品の利用能力を測るための資格試験制度です。
詳細については、Microsoft Office SpecialistのWeb Pageをご覧ください。

Microsoft Office Specialist(Microsoft Excel version 2002 Expert)受験の感想

Microsoft Excel version 2002 Expert(旧MOUS Excel 2002 上級)を受験しました。

制限時間45分で、今回は14問出題され、受験時のカットスコア(最低合格点数)は、780点に設定されていました。

前回受験した「一般」と比較して、格段にレベルが高く、「EXCELごとき」と考えていたら、痛い目を見るはめに。

「上級」というだけに、普段あまり使用しない、「条件付き書式の設定」、「ピボットテーブル/ピボットグラフの作成」、「フィルタオプションの利用」といった比較的に複雑な操作を要する問題がほとんどで、正直、試験の途中で「ヤバイ落ちそう」と思ったほど。

「一般」は全7セクションの中から出題されますが、対して「上級」では全部で9つのセクションから出題されます。

実際には、当然「一般」と重複する範囲がありますが、上記のように、「一般」と比較すると、Excelのより高度な操作の理解が求められることになります。

受験の感想として、参考書や模擬試験にて習得したレベルよりも、若干難易度が高いと感じました。

上述した9つのセクションの範囲から各セクション単位の技術に関する出題ではなく、2つや3つのセクション範囲を連携させる問題が多かったためです。

また、「一般」の範囲からの応用を問う出題もあり、「上級」の受験時には、「一般」の復習も必須だと思いました。

※セクション範囲

1.データのインポートとエクスポート
2.ブックの管理
3.数値の書式設定
4.セル範囲の操作
5.Excelのカスタマイズ
6.ワークシートの分析
7.データの集計
8.データの分析
9.ワークグループでのグループ作業

Microsoft Office Specialist(Microsoft Excel version 2002)受験の感想

Microsoft Excel version 2002(旧MOUS Excel 2002 一般)を受験しました。

Microsoft Office Specialistの特徴は実際にOfficeアプリケーションを使用して、受験者の能力を測る完全な実技試験です。

試験開始から終了までのデータは常にアメリカのデータセンターに、インターネット経由で送られる仕組みになっており、試験終了とともに、合否がディスプレイ上に表示されます。

制限時間45分、約15〜25問出題されます。私の受験時は16問出題され、受験時のカットスコア(最低合格点数)は840点に設定されていました。

16問という問題数は少ないと思うかもしれませんが、1問の中でさらに2〜3の小問題に分かれていますので、実際は1つの小問題につき、1分使ってしまうと時間が足りないと思います。
私の場合は、最後の1問を解いている時、残り2分ぐらいでした。

試験範囲としては非常に広範囲ではありますが、『基本的な機能を効率よく利用して、一般的なビジネス文書やスプレッドシートを作成し、その変更・印刷等の作業を行うことができる』

とMicrosoftが謳っているように、今回私が受験した「一般」は、あくまでOfficeアプリケーションの基本的な利用が、可能であるという事を証明する資格ですので、難易度は低く、家や仕事でOfficeを普通に使っている人なら、少ない準備期間でも十分に合格可能な試験だと思います。

受験時の注意点としては、1問解き終わり、次の問題に進んでしまうと、前の問題に戻って再度確認する事や、やり直す事が出来ない点です。

以前、私が受験したターボリナックス株式会社が提供するTurbo-CEでは、何度でも見直し・解き直しが可能だったため、チョット戸惑いました。

つまり、これにより分からない問題を飛ばして後で解くという事が、できなくなっていて、分からない問題は「捨てる」しかないという事です。

この点がMicrosoft Office Specialistに合格する上で注意すべきだと思いました。

※セクション範囲

1.セルとセルデータの操作
2.ブックの管理
3.ワークシートの書式設定と印刷
4.ブックの変更
5.数式の作成と変更
6.画像の作成と変更
7.ワークグループでのグループ作業

Last-modified: 2007-02-24 (土) 16:13:37 (4587d)