トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


動作確認ディストリビューション

Apache 2.2.17のインストール

あらかじめ、必要なパッケージをインストールしておく。
「--enable-ssl」を指定する場合、「openssl」、「openssl-devel」が必要となるため、事前にインストールする。

# yum -y install openssl
# yum -y install openssl-devel

Apacheのソースファイルを取得

# cd /usr/local/src/
# wget http://www.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist/httpd/httpd-2.2.17.tar.gz

展開

# tar zxvf httpd-2.2.17.tar.gz

コンパイル準備

# cd httpd-2.2.17
# ./configure \
> --enable-so \     <=== DSO対応
> --enable-ssl \    <=== SSL対応
> --enable-rewrite  <=== mod_rwrite対応

コンパイル

# make

インストール

# make install

起動スクリプトをコピー

# install -m755 ./build/rpm/httpd.init /etc/init.d/httpd

Apacheの起動スクリプトを修正

# vi /etc/init.d/httpd

httpd=${HTTPD-/usr/sbin/httpd}
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
httpd=/usr/local/apache2/bin/httpd

pidfile=${PIDFILE-/var/log/httpd/httpd.pid}
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
pidfile=/usr/local/apache2/logs/httpd.pid

CONFFILE=/etc/httpd/conf/httpd.conf
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
CONFFILE=/usr/local/apache2/conf/httpd.conf

自動起動の設定

# chkconfig --add httpd
# chkconfig httpd on

自動起動の設定内容を確認

# chkconfig --list httpd
httpd           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

上記手順により/usr/local/apache2配下にApache2がインストールされます。

DSO、SSL、mod_rewriteサポート対応形式でインストールされているか確認

# /usr/local/apache2/bin/httpd -l|grep -E 'mod_so\.c|mod_rewrite\.c|mod_ssl\.c'
  mod_ssl.c
  mod_rewrite.c
  mod_so.c

起動

# service httpd start
httpd を起動中:                                            [  OK  ]

起動済み確認
※「/etc/init.d/httpd」内の「status」の処理が「status $httpd」の戻り値の確認から「status -p {$pidfile} $httpd」の戻り値の確認に変更されているため、
メッセージ内容が少しおかしいようです。「2.2.13」の頃のように「status $httpd」としといた方が分かりやすいかもしれません。

# service httpd status
httpd は停止していますがサブシテムがロックされています <= という不思議なメッセージが表示されるが、どうやら起動してるっぽい。。。

または

# netstat -at |grep http
tcp        0      0 *:http                      *:*                         LISTEN

停止

# service httpd stop

Last-modified: 2011-02-23 (水) 01:03:01 (3103d)