トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   一覧 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
 


オープンソースカンファレンス

オープンソースカンファレンス 2009 Fukuokaに参加してきました

2009年12月5日、九州産業大学で開催されたオープンソースカンファレンス 2009 Fukuokaに足を運んでみました。
当日のタイムテーブルはこんな感じになってて、 時間帯によっては、見たいセッションが被ってましたが、とりあえず、以下のセッションに参加しました。

  1. 10:15〜11:00 MySQL 〜いろいろあったりもしたけれど、私はげんきです〜(サン・マイクロシステムズ株式会社 MySQLビジネス統括本部)
  2. 11:15〜12:00 最新版 PostgreSQL8.4とチューニングについて(日本PostgreSQLユーザ会)
  3. 13:00〜13:45 最新ブラウザとメーラに見るWebの未来 〜 Firefox 3.6 Thunderbird 3(Mozilla Japan)
  4. 14:00〜14:45 LPIC レベル1 技術解説セミナー(非営利活動法人エルアイピージャパン)
  5. 15:15〜16:00 勉強会勉強会(OSC福岡実行委員会)
  6. 16:15〜17:00 WordPress プラグイン開発入門!(株式会社ヌーラボ)
  7. 17:10〜18:00 ライトニングトーク&大抽選会&閉会式

全体的な雑感・気づいた点としては、

  • とにかくみんな真剣に話を聞いて、熱心にメモを取る方が多く見られた。
  • 思いの他、Twitterの浸透率が高くて、セッション中でもPCを普通に立ち上げてて、バシバシつぶやいてる人、フォロー観察してる人が多数いた。
  • セッションで講師を行って頂いた方、ライトニングトーク(制限時間付きのトーク)を行って頂いた方のPCがほぼ(9割くらいかな)Macブックでキーノートでのプレゼンだった。
  • つーか、あんな片田舎に結構な人数が集まってた。

参加したセッションについて、チョットづつ内容とコメント。

  • MySQL 〜いろいろあったりもしたけれど、私はげんきです〜
    • センセーショナルなタイトルですが、みんながサン・マイクロシステムズに問いつめたい「あの事」についてチョットだけ教えてくれました。
      とりあえずウチの会社の状況はこんな感じです。と、猫がネズミを狙ってる画像を見せながら、会場の笑いを誘いつつ、
      ヨーロッパの方で合併してもよいとの通達がやっとあったくらいで、まだまだ調整中の段階らしいというコトを話してくれました。
      MySQLについてはOracleのラインナップの一つとして組み込まれて、これらからも保守・バージョンアップを進めていくとのことで、
      これからのロードマップの予定などの発表がありました。
    • ロードマップに乗っているいくつかの新機能は顧客でもあるGoogleから送られてきたLinux版にのみに対応した大量のパッチを、
      他のアーキテクチャに焼きなおして本体に取り込んだものとのこと。
    • Facebookではレプリケーション機能を利用して、1800台以上のMySQLが動いているらしい。
    • ミッションクリティカルな利用シーンもあり、最たる例は米軍の空母の管理で利用されているらしい。
    • AdobeのIllustrator、Photoshopにも組み込みでMySQLが入っているらしい。
    • MySQLの開発はサン・マイクロシステムズのみが行っており、世界中から送られてくるパッチもあるが、最終的にはサンマイクロが適用し、
      オープンソースとしてMySQLを提供している。著作権はサンマイクロのもの。
  • 最新版 PostgreSQL8.4とチューニングについて
    • 今回のカンファレンスは、このセッションに参加にするために行ったと言っても過言ではないので、スゲー真剣に聞いてきました。
    • 収穫としては、以下のような話が聞けたこと。
      • autovacuumが8.1、8.3からデフォルトOnになったのと、HOT(Heap Only Tuples)のおかげで、手動でVacuumをかける必要がなくなった。
        reindexとVacuum Fullについては今まで通り手動でやる必要がある。
        ただし、通常Vacuum Fullは行う必要がほとんどないとのことで、行わなければいけない状況(max_fsm_pagesのアラートが出るなど)が発生するのは、
        何らかの設定が間違ってる可能性が高いとのコト。
        また、その状況に陥った場合はpg_dumpしてDBを作り直した方がよいとのことでした。
      • ポリシーとして2〜3世代のみをメンテナンス対象としたいので、7.4〜8.1くらいまで、ホントは切り捨てたいとのことだった。(7.3は既にメンテが終了している)
      • ロケール設定が以前はPostgreSQL全体で一つだったため、運用開始後、失敗したロケールを戻すにはinitdbのやり直ししか方法がなかったが、
        8.4からはDB毎にロケール設定が行える。
      • MySQLよりマルチバイト(日本語)対応がしっかりしてるのは石井達夫氏のおかげだとか。
        (MySQLの中の中の人に聞くと、実はUTF8の対応に微妙なトコロがあるらしい)
      • pgpool-II、Slony-I、PGClusterなどのサードパーティ製に頼っていたレプリケーション機能がいよいよ8.5で本体の機能として取り込まれるとのコト。
        その代わり、PostgreSQL単体で死活監視は行えないのでHeartbeatとかを使ってねとのコト。
      • 8.4の諸々の新機能のおかげで、これまでPostgreSQLのバッドノウハウだった、DISTINCTやINなどが高速になった。
      • 8.4の新機能の一つ、Window関数(集計関数)は日本人の若いエンジニアの開発が採用された。
      • 「もう追記型とは呼ばないで!」(以前はUpdateがDelete、Insertを行っていたため遅かったがHOTなどのおかげで高速になったし、Vacuumも自動になった。)
      • チューニングで特に大事な設定項目。
        shared_buffers(物理メモリの10〜20%)
        checkpoint_segments(10〜16の範囲(増やし過ぎるとWALがディスクサイズを消費するので注意))
        checkpoint_completion_target(更新が多い場合は0.6〜0.9)
        bgwriter_all_maxpages(更新メイン:〜40、参照メイン:100〜)
        bgwriter_percent(更新メイン:〜5、参照メイン:5〜10)
  • 最新ブラウザとメーラに見るWebの未来 〜 Firefox 3.6 Thunderbird 3
    • Firefoxの歴史とこれからについてという内容で、いかに高速になったか、いかに安定しているかの説明があった。
    • Firefoxが重くなる最たる原因はアドオンのプラグインで、プラグインはJavaScriptでコーディングされているため、コード内容により重くなるとのこと。
    • Firefoxのクラッシュの原因の30%はアドオンのプラグインによるもので、最もクラッシュさせるプラグインは「IETab」。
      実はFirefoxを最もクラッシュさせていた犯人はIEだった。(ココで爆笑)
    • Thunderbird 3のメールの絞込み検索機能がすぐにインストールしたくなるほど、スゲー良かった。
  • LPIC レベル1 技術解説セミナー
    • 正直、初心者向けのすごく簡単なLinux講座だったため、同じ時間帯にやってた別のセッションに出ればよかったと後悔。
  • 勉強会勉強会
  • WordPress プラグイン開発入門!
    • WordPress は世界で4万ダウンロードされてるらしい。
    • プラグインはフック、アクション、フィルタというキーワードが肝。
    • プラグインをダウンロードするなら、Pluguin Directory

他に出たかったセッション

  • イケテル公演 −Rubyとクラウドの素敵な関係−
  • SLES11で構築するXen仮想化+HAクラスタ入門
  • eZ Publish! ディスクール + DEMO −エンタープライズWebCMSに求められる機能とその実現−
  • MySQL Workbenchを使ってみよう
  • 自宅から楽々遠隔操作、NagiosとMondo Resqueで実現!〜死活監視、イメージバックアップのノウハウを伝授〜

今回の戦利品

  • Firefoxのステッカー
  • Firefoxのペンライト
  • Thunderbirdのステッカー
  • PostgreSQLのステッカー
  • LPIのキーホルダー
  • Cacooのステッカー
  • Backlogのステッカー

オープンソースカンファレンス 2011 Fukuokaに参加してきました

2011年12月3日、筑紫女学園大学で開催されたオープンソースカンファレンス 2011 Fukuokaに行ってきました。
この日は、イベント尽くしで、他にも、「CLOUD 3DAYS」や「EC-CUBE交流会in九州」なんかが開催されてて、福岡充実!!という感じの日でしたね。
当日のタイムテーブルはこういったセッション内容になってて、まぁ、イロイロと見たいセッションはあったんですが、
絶対にこれだけは!と決めていた「スマホアプリ開発の最新トレンド 〜ぜったい外せない位置情報活用術〜」に関する報告をここでは行おうかと思います。
(寝坊して、昼過ぎに着いたのは秘密です。。。)

スマホアプリ開発の最新トレンド 〜ぜったい外せない位置情報活用術〜

  • ヤフー株式会社の二宮 一浩さんによるセッション
  • 二宮さんの第一印象は東京03の角田。
  • 二宮さんは元アルプス社の方で、現在はLatLongLabの企画、ディレクションなんかをやっているらしいです。
  • スマホで位置情報アプリ=>とにかく盛り上がっている。
  • スマホアプリのトレンドは?
    • GPSとスマホが全てを変えた。
    • iPhone/Androidのおかげで自己位置をエンジニアが自由に使えるようになったというのは非常に大きなインパクト。
    • ガラケーでもGPSは使えたが、使いにくいものだった。
  • トレンド1.チェックインの一般化
    • Foursquare、Facebook、ロケタッチなど
    • Foursquareでチェックインされている状況を見ると、日本中でチェックインされている。
    • Foursquareはゲーミフィケーションの要素も取り入れていて面白い。
    • 最近の例でいうと、UNIQLOのキャンペーンなどに使われてきている。=>一般化
  • トレンド2.ライフログ
    • 人生を記録しよう。
    • 「去年のいつ頃どこどこに行った」とか一目で分かる。
    • スマホでは写真をとった場所が記録されている。
    • 行動パターンを分析してイロイロできる。例えば健康管理とか。ただし、センシティブな情報なので、プライバシーの問題をはらんでいる。
  • トレンド3.屋内ナビゲーション
    • 地図業界の最後の戦場と呼ばれている。
    • 実現が難しい(1.GPSは建物の中が苦手、2.地下も電波が入りにくい、3.建物は地図で表現するのが難しい)
  • トレンド4.ジオフェンス・リマインダー
    • 空間上に架空のフェンスを作って、そこからの出入りを検知しサービスを展開。
    • 徘徊老人の管理や子どもの防犯などに応用。
    • 家から出ると電気を消す。自宅近くに来るとエアコンのスイッチが入るなど。
  • インテリジェントアシスタント
    • iPhoneのSiriがいい例。
  • よいアプリを作るには
    • クールで人々のライフスタイルを変えるようなアプリを生み出す答えはない。じゃあどうする?
  • 1.スピード
    • アイデアは誰でも似たようなことを思いつく。後はいかに早くやるか。
  • 2.プロトタイピング
    • 動くものが重要。UI設計書とかそんなもの作ってる場合じゃない!
    • 文字で説明、議論してもあまり意味がない。
    • 象を知らない人に象を説明するのと同じ。鼻がながくて、耳が大きくて。。。とか言っても絶対に通じない。
  • 3.イテレーション
    • プロトタイピング=>フィードバック=>修正=>プロトタイピング=>フィードバック=>修正を何度もやる。
    • 仕様書なんて書かない。最終的にできたものが仕様。

Last-modified: 2011-12-08 (木) 01:02:34 (2604d)